読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかりやすい年金の学校

年金について、制度や、個人の活用法など、役立つ情報を発信していきます。

国民年金前納割引制度が口座振替だけではなく、クレジットカードで納付できるようになった

ニュースについての考察など

お役に立ちましたら、シェアいただくと嬉しいです!

f:id:kabosu0618:20170125150819j:plain

今回は国民年金の2年前納をクレジットカードでできるようになったというニュースについて紹介します。2017年1月14日に日本経済新聞で紹介されました。もう少し詳しく見ていきましょう。

 

国民年金の前納制度とは何か?

国民年金には前納制度というものがあります。これは下記のような場合に使える制度です。

  • うっかりしていて納付期限を過ぎていたけど、改めて年金を振り込みたい
  • 忙しいからなかなか国民年金を支払うことができない

こういった場合に、一度にまとめて支払うことができるわけです。

納付の方法について

具体的にどのようにまとめて支払えるかと言いますと、下記の5種類からお好きな方法で申し込むことが可能です。

  • (1)4月~翌々年3月分までを振り込む2年前納
  • (2)4月~翌年3月分までを振り込む1年前納
  • (3)1年を4月~9月分、10月~翌年3月分の2回に分けていずれかを振り込む6カ月前納
  • (4)納付期限よりも1か月早く納付する当月末振替(早割)
  • (5)翌月末振替

前納のメリットについて

(1)~(4)にありますように通常の納期よりも前に納付することで、多少ではありますが国民年金に割引が適用されます。たとえばですが2年前納した場合は約15,000円ほど安くなります。1年前納ですと約4,000円です。できる限り長期分前納したほうがお得になるということです。

なお、国民年金制度の基本的なことについては下記記事に詳しいので併せてご覧になってみてください。

kabosu0618.hatenablog.com

上記の前納がクレジットカードで納付できるようになった

さて、今回のニュースというのは、上記の前納はこれまで口座振替しかできなかったのですが、それがクレジットカードでできるようになったという話です。時期としては2017年の4月からになります。

最近では家賃もクレジットカードで支払えるようになったりと、徐々にその活用は広がっています。現金を用意しなくていいというのは様々な場面で便利です。些細なことですが、コンビニなどでもクレジットカードやSuicaのような電子マネーを使えば、わざわざ小銭を財布から探す必要もないですよね。

何がお得か?

とはいっても、それ以外にクレジットカードで支払うメリットはあるのでしょうか?最もわかりやすいのは、クレジットカードのポイントが貯まることでしょう。上記のように2年払いの場合にはそれなりに大きな金額(約40万円)になりますので、ポイントの額としても決して無視はできないでしょう。家賃も同様で毎月数万円、年金で見れば100万円以上になる場合も少なくないわけですから、それでポイントを貯められれば非常に嬉しいですよね。

このように、2017年4月からは、国民年金をクレジットカードで前払できるようになるのです。少しでも興味のある方は、ぜひ年金事務所等で詳細をお聞きになってください。

 

実際に利用する場合には年金事務所への申請が必要

というのも、実際にクレジットカードによる前納をしようと思ったら、年金事務所等で申し込みをする必要があるのです。2017年の1月20日から申し込み自体はやっていますので、お住まいのお近くの役所に問い合わせてみてください。

少々手間にはなりますが、クレジットカードをよく使う人などにとっては十分に検討に値することではないかと思います。どうぞご検討をされてみてください。

 

40万円の使い道について

ただ、こうした話題を聞いても、心をほとんど動かされない人もいるでしょう。というのも、下記記事にもありますように、年金の支払い時期というのは今後さらに遅れていくことが予想されます。それどころか、年金制度自体が本当にこの先継続されるのかについても、少なからず不安があるのが実情でしょう。

kabosu0618.hatenablog.com

国民年金は厚生年金から補填されている

そうした方に1つ朗報なのは、国民年金というのは基本的にはもらいっぱぐれることはなさそうだということです。というのも、現在大学生ですら約3割が未納であると言われている国民年金ですが、高齢者への支払いに足りない部分については、なんと厚生年金から穴埋めされているのです。

いわゆる基礎年金と言われる国民年金については、政府としても赤字にならないように配慮しているのです。その割をくっているのが厚生年金を払っているサラリーマンなのですが…。この辺りについては、1冊年金の基本的な書籍を読んでおくとよくわかると思います。下記にオススメの書籍を紹介しますので、ぜひご覧になってみてください。

お金の使い道を自分の頭で考えることが大切

そのような状況について40万円もの大金を一括で支払うということについて、躊躇する人がほとんどというのが実際のところでしょう。おすすめしたいのは、実際に比較をしてみることです。

いま手元に40万円があるとして、それを他に投資関連で使う予定はあるでしょうか、また前納したとしたらクレジットカードのポイントはどれくらいもらえるでしょうか、そのあたりを実際に試算してみることでどうすべきかという答えはおぼろげながらでも見えてくるのではないでしょうか。また、そうやって自分で実際に考えてみることが、これからの年金が不安な時代においても、きちんと資産運用していくための大事なアクションになるのではないかと思います。

 

 

以上、お読みいただきましてありがとうございました。