読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかりやすい年金の学校

年金について、制度や、個人の活用法など、役立つ情報を発信していきます。

個人年金保険では、どのような特約を付与することができるのか?

お役に立ちましたら、シェアいただくと嬉しいです!

Medical Drugs for Pharmacy Health Shop of MedicineMedical Drugs for Pharmacy Health Shop of Medicine / epSos.de

 

個人年金保険の特約について

個人年金保険というのは、年金という名前から勘違いもしやすいですが、公的年金とは違い、基本的に生命保険会社が販売する保険の一種です。保険会社としては特約をたくさんつけてもらうことで、収益幅を広げたいという思いもあって、様々な特約を紹介することが多いです。

保険料控除という魅力

このような個人年金保険につく特約を、個人年金保険料税制適格特約」と言います。この個人年金保険料税制適格特約の付いた個人年金保険の掛け金は、年金保険料控除の対象となります。個人年金保険保険料控除を活用すると所得税の計算で最大5万円、住民税で3万5千円が所得から控除されます。 

控除の条件

個人年金保険料税制適格特約を付けていること

・年金受取人が契約者または契約者の配偶者のどちらかである

・年金受取人は被保険者と同一人

・保険料払込期間が10年以上である

・確定年金の場合、年金開始年齢は60歳以上かつ、年金支払期間は10年以上

 

注意点

注意したい点としては、特約はあくまで保険のメインではないということです。

しかしながら、実際に年金を受け取り始めると歳になると、特約がついていないのはそれはそれで寂しい部分もあります。時に特約は不要なものと思われることもありますが、もちろん効果的な特約というのもたくさんあります。

そういう意味では特約をつけたほうが良いとおすすめしたい部分もあります。特に医療保険については、老後の生活において重要になる部分ですから、特約をつけることが大事になることもあります(医療保険がセットに成った特約というのは多々あり、後述します)。

特約解除についての注意

ちなみにですが、特約は契約中に付加することはできますが、特約のみを解約することはできないので、外したい場合には保険契約自体を解約することになります。ですから、あらかじめ本当に特約が必要かどうかを熟慮することが大事です。

 では、具体的にどのような特約があるかですが、ほとんどは死亡保険や医療保険についている特約とイメージ的には大きな差異はありません。

 

種類

ここでは、簡単にその一部を列記します。

■ 定期保険特約

 →死亡時に保険金が支払われる。加入時に診査が行われる場合もあります。

■ 災害時割増特約

 →不慮の事故、または感染症にかかった際に適用されます。

■ 傷害特約

 →不慮の事故、または感染症で亡くなったというのが基本的には対象になります。

■ 医療特約

 →入院時に日割りで給付金が支払われます。

■ 災害時入院特約

 →不良の事故で入院した場合に、契約した日額での給付金が支払われます。

■ 成人病入院特約

 →所定の成人病であった場合に給付金が上乗せをされます。

■ 三大疾病特約

 →所定の3代成人病ならば給付金が上乗せをされます

■ 通院特約

 →通院日数によって、給付が支給をされます

 

医療保険をパックにした特約の例

・ガン特約

 →がんに際する入院や手術が保障されます

・3大疾病治療給付金付きガン特約

 →3大疾病とはがん、急性心筋梗塞脳卒中です

・成人病給付特約

 →がん、糖尿病、心疾患、高血圧性疾患など

・先進医療特約

 →公的な部分では補えない事故負担分の出費をサポートしてくれます

・移植医療特約

 →心臓・肺・肝臓等の移植術を受けた場合に支給をされます

 

 

以上が、個人年金保険の特約付与についてです。大手の会社であれば、上記のように医療保険とのパックなども珍しくはありません。特約は上手く使えば大きな味方になります。慎重に検討をすることをおすすめします。

 

 

個人年金に関する他のおすすめ記事】

基本、初歩的なことから、ちょっと細かい説明まで書いていますので、ぜひご覧ください。

【関連リンク】

離婚をしたら、個人年金保険の支払いは夫と妻で分けられるのか?

変額個人年金保険とは おすすめをされる理由と選び方

個人年金にはいつ加入するのがお得か?

個人年金は本当にお得なのか? 税金や控除について

はじめての個人型確定拠出年金の勉強 基本的なこと