読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかりやすい年金の学校

年金について、制度や、個人の活用法など、役立つ情報を発信していきます。

個人年金にはいつ加入するのがお得か?

私的年金について

お役に立ちましたら、シェアいただくと嬉しいです!

f:id:kabosu0618:20150626174049j:plain 

はじめに

資産運用を考えるにあたって、個人年金という言葉はよく聞かれると思います。ただ、いざ加入を検討しようと思っても、知識を学んだり、どう運用すべきかを決めるのは決して簡単なことではありません。

そこで、本記事では個人年金の概要と、はたしていつ頃から加入するのがよいのか、そのことを考えてみようと思います

また、本記事以外にも当サイトではさまざまな観点で個人年金を研究しています。ぜひご覧になってみてください。

 

 

それでは、まずは個人年金について、さらに資産運用の必要性について考えてみます。

 

 

資産運用が必要になる時

引退(60~65歳程度)後、仕事をやめて会社からの収入が途絶えれば、誰しもお金が必要になってきます。そのために私たちは現役世代の今、様々な方法でお金を貯めたり、増やそうとしたりしているわけです。

そういう観点で考えれば、お金が具体的に必要となるのは仕事を引退して固定収入が途絶えた後(年金は除く)である、65歳がひとつの目安となるでしょう。

老後まで自分で資産をつくらなければならない

それまでに、ある程度の資産を準備しておけばいいわけです。では、そのための資産運用をいつから始めればいいかというと、これはほぼ確実に早ければ早いほどいいと言えるでしょう。今現在の年金財政や、日本の経済状況を考えると、社会人1年目くらいから考えるくらいでちょうどいいと言えるでしょう。

-おすすめの資産運用法

 さて、とはいえ具体的に「どのような資産運用をすればいいのか」迷う人もいると思います。そうした方にオススメなのは投資信託とFXです。どちらもほとんどの人が言葉は聞いたことがあるのではないかと思います。今や資産運用の方法としては非常にメジャーになった手法です。まだ実際に利用してみるのは怖いという人は、まずは会員登録だけをしてみることをオススメします。もちろんお金は全くかかりません。

ただ、登録するという最初の一歩を超えれば、実際に利用してみるというのも実は難しい話ではないのです。大切なのは最初の一歩です。もし、これまでもやってみようかなと思っていた方は、ぜひまずここで最初の一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

 

公的年金と個人年金保険の違い

とはいえ、年金自体はもちろん頼りにすべきものではあります。昨今非常に騒がれてはいますが、日本の公的年金、いわゆる「年金」と呼ばれるものは、期間が無制限に、リスクもなく給付されるという点で非常に優れた制度です。職業によって加入する制度が決まっていたり、原則は20歳から60歳まで強制加入など、制度としては不自由な面もありますが、それでも魅力的な制度であることは確かです。

個人年金保険とはどのような制度か?

一方、個人年金保険を見てみましょう。個人年金保険は色々な商品の中から好きな商品を自分で選択して加入することができるという、民間会社が提供する、いわゆる「金融商品」としての位置づけです。同じ「年金」という名前がつきますが、このような違いがあることをまず理解する必要があります。公的年金を1階・2階部分とするならば、個人年金保険は企業年金などと同じ3階部分と例えられます。

この辺りについて、特に公的年金の基本的な情報については下記記事にも詳しいので、基礎から学びたいという方は合わせてお読みになってみてください。

kabosu0618.hatenablog.com

 

公的年金の不安要素をカバーする役割が期待できる

商品ごとに期間も違えば、受け取れるお金も、リスクも変わってくるという「公的年金とは正反対の性質」にはなりますが、今後公的年金の制度的な問題や、受給額の変動が起きうることを考えると(既に受給年齢がどんどん引き上げられる、保険料率も上がるなど今後の運用は大いに不安要素があります)、活用することができれば安心した老後に一役買う商品だと言えます。

それが「個人年金保険」です

この辺りの「公的年金」の将来的な不安については下記の記事を合わせてどうぞ。

kabosu0618.hatenablog.com

 

そこで本記事では、「個人年金保険」とは何かという概要から、適切な加入時期、それから具体的にどのようなサービスを選べば良いかまでをご紹介します。かなりボリュームのある内容になりますが、少しでもお役に立てば幸いです。

 

 

個人年金で老後の資金をつくる

さて、まずは個人年金保険の概要をご紹介します。個人年金の支払い・受給の大まかなイメージとしては下記の画像をご参照ください。

f:id:kabosu0618:20150626180209g:plain

(参照:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命HP)

 

4つの個人年金保険

個人年金の「大まかな種類には4つ」あります。他にも細かい違いのある商品はありますが、下記が基本的な形式になります。 

【1】5年確定年金

受け取る人の生死に関わらず、5年間のあいだ年金を受け取ることができる制度です。5年という受け取り期間の短さから、利用をする方はあまり多くありません。世界でも長寿国である日本においては、より長い期間の老後を過ごすことになりますから、それを踏まえて長期的なものが求められているようです。

【2】10年確定年金

受け取る人の生死に関わらず、5年間のあいだ年金を受け取ることができる制度です。10年以内に受取人が死亡した場合には、相続人等が残りのお金を受け取ることができます。他に15年以上の期間のものもありますが、この10年という期間の商品が最もポピュラーであるようです。

【3】5年保証(期間付き)終身年金

受け取る人の生死に関わらず、5年間のあいだ年金を受け取ることができる制度です。

上記の制度と同じように期間内に受取人が死亡した場合には、別の指定された受取人か、相続人が残余期間の年金を受け取ることができます。5年以上経っても受取人が生きている場合には、それ以降も年金を受け取ることができます。ただし、1年毎の支給額が多くないために、長生きしないと同じ期間である5年確定年金よりももらえる額が少なくなってしまいます。他に10年保証のものも、15年保証のものもありますが、このスタイルの商品はあまり多くありません。

【4】終身年金

受取人が生きていれば、受け取ることのできる制度です。生きていればもらえ続けられるというのは公的年金と同様ですが、1回毎の金額は少なく、仮に早期に死亡をしても残りの年金もらえることはなく、公的年金のように遺族年金のようなものがないため、あまりおすすめのできる内容ではないものが少くありません。

 

以上が大まかな種類です。ただし、具体的に何歳から何歳まで払う、何歳から受け取るなど、他に制度ごとの細かい仕組みについては、サービスを提供する会社ごとに違いがありますので、じっくりと比較をする必要があります。

 

 

また、上記の商品すべてを取り扱いがあるわけでもありません。

多くの方が保険会社を決めてから商品を決める傾向があると言われていますが、それよりも上記の内容を見て、自分のライフスタイルや、考え方にどのような商品が合うかを考えてから、提供している保険会社を決めたほうがきっと後悔の少ない個人年金選びができるはずです

個人年金保険に限らず、最初に自身でプランを定めるというのは手間がかかるものですが、それをやっておくことは、高い効果を上げるためにはとても重要なことだと個人的には思います。大変ですが、決定前に時間をとって、紙に書き出す、考えるなどをすることをおすすめします。

では、具体的にどのような会社が、「個人年金保険」を提供しているのでしょうか。

 

 

代表的なサービ提供会社一覧

また、個人年金保険を提供している会社さまざまです。例としていくつかの会社とサービス名を列挙しましたので、ご参考ください。

【ソニー生命】

・個人年金保険

 →5,10,15年確定年金

 →10年保証終身年金

 →5年保証付終身年金

【損保ジャパンひまわり生命】

・個人年金

 →5、10、15年確定年金

 →10年保証終身年金

【太陽生命】

・My年金Fシリーズ

 →5,10,15年確定年金

 →10年保証終身年金

 →10,15年保証有期年金

【アメリカンファミリー生命】

・AFLACの個人年金

 →5、10年確定年金

 →5、10年保証付終身年金

【明治安田生命】

・年金ひとすじ(ワイド)

 →10年確定年金

 →10年保証付終身年金

 →10年保証付割増終身年金

・年金いきいき

 →10年保証付き終身年金

【朝日生命】

・ネンキンのそなえ(5,10,15年確定年金)

・かがやき(5,10年確定年金)

・ねんきんバラエティープラン(確定年金に加え、10年保証終身年金、5年保証10年有効年金)

 

■ 保険会社を選ぶときの3つのポイント

上記のように様々な会社がサービスを提供しています。どの会社にするかは、慎重に考える必要があります。選ぶときのポイントとしては3つあります。

1. 無料保険相談の助けを借りる

自分だけで選ぶのが難しいという方は(実際にどの制度も非常に複雑で、個人で勉強するのはかなり手間がかかります)、保険のプロであるFPさんの無料保険相談を利用しても良いと思います。例えば、全国に何店舗もある保険ショップの中から、好きなショップを選んで無料相談の申し込みをするというのもひとつです。

この保険相談所、非常に親切です。しかも、スタッフさんには美男美女が多かったりもします。しかしながら、当然ものを売っている人たちであり、セールストークの全てを鵜呑みにするのは危険です(いくら美人でも)。一度行くと、けっこう電話がかかってきたりします。必要ないと思ったら、はっきりと断ってしまいましょう。

2. 将来の収支状況を考える

また、ついつい大手の会社名に安心してしまう人も少なくないと思います。

しかしながら、会社名で選ぶよりも実際に自分が求めているサービスと合致するものがあるか、という視点で選んだほうが納得のできる加入ができるはずです。実際、特に大手のほうがバブル期に予定利率の高い契約をたくさん抱えていたために、経営が圧迫されていて、良いサービスを提供できていないという可能性もありえます。生命保険ではネット生保が非常に良いサービスを展開するようになっていますが、個人年金保険についても同様の流れは来ていると言っていいでしょう。

まずは、前述しましたが、今のままだと自分がどれくらい年金をもらえて、他に株や不動産など、どれくらいの資産があるかも考えてみましょう。そうして、老後に必要なお金がどれくらいかを試算すれば、それまでの間に自分がいくら貯める必要があるかがクリアになります。資産運用に限った話ではないですが、最初の段階で現状を明確にすることがとても大切です。

3. 返戻率で判断する

個人年金保険を選ぶ際にポイントとなるのは返戻率です。振り込んだお金に対して、どれだけの金額が自分のところに戻ってくるかということです。一般的に110%が目安になりますので、この数字以上になるように、自分で、または相談して加入年数や商品の内容を決めていくことが大事です。

 

■ おすすめの個人年保険商品

おすすめのものとして、1つあげるとするなら、アフラックがあります。よくテレビでやっている白と黒のアヒルの会社ですね。アフラックは、1000円単位で始められるという点が魅力です。まだ個人年金は不安だなとか、そんなに毎月たくさんは振り込めないという人でも、手軽にできる個人年金保険です。小額から始められますから、経済的に負担となることがなく、自分のライフスタイルを優先した上で、それでいながら着実に老後の資金を確保することができます。

さらに、一定額の年金を受け取れる確定年金を採用しているので、元本割れの心配ないというのも大きな魅力です。さらに、受取方法も3種類から選べるので、自分の退職年齢や健康状態に合わせて選べます。

ちなみにですが、このアフラックが多くの人に支持されているのは、サービス内容もそうですが、資料請求をしたらすぐに来るとか、会社の方の対応面でとても丁寧であるという点もあるそうです。確かに、個人年金保険は今後長く付き合っていくものですから、どういう方が販売しているかというのも大きなポイントになるかもしれません。 

 

 

■ 加入すべき時期はいつか?

年金というと、歳をとってから、老後が近くなってからという人も少くありません。若いうちはそれより稼ぐことを考えるべきだという声もあるでしょう。

しかしながら、これは正しいと言えないように思います。生命保険にしろ、個人年金保険にしろ、1日でも加入が早いほど、1回あたりの保険料の負担は軽くなり、しかも長期間の保障を得ることができます。また、複利の効果でお金を着実に、それでいながらたくさん増やすということも可能になります。

なにより良くないのは、生保、個人年金ともに、加入を悩んでいるうちに、病気になったり、体調を崩したりで、保険に入れない健康状態になってしまうことが一番残念で、老後の不安因子にもなってしまいます。以上のことを考えると、もし余剰のお金があるのなら、銀行に預けてしまっているだけのお金があるのなら、1日でも早い個人年金の加入をおすすめします。

 

受取額の例、考え方

例えば、今は30歳で若いから、年金なんてまだまだ先で良いよと思う方がいるとします。その人が45歳から65歳まで個人年金を支払うとすると、ある程度の受給額をもらうには短い期間でたくさんのお金を支払わなければならないとなってしまいます。例えば同じ1000万円を払い込む場合でも、上記の場合は1ヶ月約40,000円になります。

一方で、30歳から払い込んだ場合であれば、65歳まで35年間まであるので、1ヶ月約半分の20,000円程度ですむ計算になります。老後に同じ額をもらうと過提をすると、1ヶ月あたりの受給額はこんなに多く変わってしまうのです。これは個人年金だけでなく、生命保険でも、医療保険でも同じ事が言えます。

つまり、こういった保険に関しては、基本的にスタートが早ければ、早いほどお得になる可能性が高いということです。とは言っても、もちろん、正しい運用をする前提にはなりますので、興味のある方はぜひ一度個人年金を調べてみてください。

 

 

おすすめの商品やサービスなど

以上が、「個人年金保険」についてのご紹介です。大まかにサービスのイメージはついたでしょうか?これから先の判断については、お読みいただいた方それぞれで変わってくるところです。大きく4つの方向性を考えてみましたので、ご自身のお考えに近いところを選んでみてください。

 

【大まかなイメージはわかったので、知識のあるスタッフに直接色々聞いてみたい】

 相談ひとつでも、人によって適切なところは変わってきます。「保険ライフ」はわりと全般に対応した無料相談所です。「ゼクシィ」は特にご夫婦向けのご相談に強く、「OZ-i」は女性に特化しているサービスです。ゼクシィは結婚大手ですから、安心感があるのは魅力かもしれません。いずれも相談は無料ですので、ぜひお好みの場所に一度行ってみてください。

 

【まだ何とも判断は難しいので、自分でもっと勉強したい】

次に、もっともっと勉強したいと思った方もいると思います。そんな方は、おすすめの書籍をご紹介しますので、ぜひご覧になってみてください。理解が深まるだけ、きっと正しい選定ができるようになるはずです。 

将来、お金に困らない「自分年金」をつくる本

将来、お金に困らない「自分年金」をつくる本

 

 

個人年金を考えるならこの1冊 (はじめの一歩)

個人年金を考えるならこの1冊 (はじめの一歩)