読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかりやすい年金の学校

年金について、制度や、個人の活用法など、役立つ情報を発信していきます。

年金財政における賦課方式と積立方式のメリット・デメリット

年金の仕組み

お役に立ちましたら、シェアいただくと嬉しいです!

本記事では年金財政の仕組みである賦課方式積立方式についてご紹介をします。まずは、図でそれぞれの大まかなイメージをつかんでください。

f:id:kabosu0618:20150612153246j:plain

それぞれどのような制度で、今どのような状況にあるのか、下記で詳しくご紹介していきます。 

 

1. 賦課方式とは何か?

一言で言えば、「毎年の給付をその年の歳入(収入)によってまかなう」という方式です。年金で言うと「現在の高齢者に対する年金給付を、現役世代の保険料収入」でまかなう方式だと言えます。対極となる方式が後述する「積立方式」で、これは貯金と同じで、現役世代の保険料はそれぞれ個人の将来の年金給付となるという考え方です。

ちなみに、介護保険制度も年金と同じように賦課方式で運用されています。

賦課方式は少子高齢化に弱いのが問題点

先に述べたように、現在の日本の年金は賦課方式と呼ばれ、今の高齢者がもらう年金を現役世代が払うという仕組みです。すなわち、年金財政を世代間扶養の考えを基礎にして構築するという考え方です。

このモデルは経済が発展する限りは問題なく運用出来ますが、ひとたび少子高齢化になると、現役世代の負担が増大し、制度の継続が困難になる可能性が出てくる懸念があります。今の日本がまさにそのような状況で、今は現役世代約3人で1人の年金生活者を支えていますが、2050年には現役1人で高齢者1人を支えなくてはいけませんので、現役の負担は一気に3倍になってしまうということです。

現役世代がもらえる年金額が今後減っていく

このことは近年盛んに話題にもなっているので、ご存知の方も多いと思います。これによって問題視されているのが現役世代への払い損問題です。

現在の高齢者は自身が払った保険料の何倍にもなる年金をもらえているのに、「若い世代は今後の運用次第では半分程度しかもらえないという試算も出ています。このことは若者の「保険料の払い損」という形で取り上げられています。この若年世代の払い損については、下記記事でさらに詳しいので合わせてご参照ください。

kabosu0618.hatenablog.com

 

若いからこそ投資をすることに価値がある

このように若者たちの多くは、「将来的な資産運用が決して簡単ではない」と予想できます。仕事をして、年金を期待するという生き方がもはや通用しない時代になっているということです。このような状況に重要なのは投資をすることです。投資は複利というように、時間をかければかけるほど資産は大きく膨らみます。つまり、若い人たちにとっては老後まで時間があるというのが大きなアドバンテージなのです。

今から少しずつでも資産運用をはじめれば、老後までには確実に資産を貯めることができるはずです。投資信託やFXという言葉は聞いたことはあったけど、なかなか実践できなかったという方は、ぜひ一度お試しになってみてください。複利効果を生かすにははじめの一歩を踏み出すことがとても大切です。

 

インフレに強いという魅力

さて、これまでのお話で賦課方式=悪いというイメージを持ってしまった方もいるかもしれません。確かに今の日本を見ればマイナス点は少なくありません。

一方で、賦課方式には、「インフレに強い」という強みもあります。これをインフレヘッジと言います。インフレヘッジとは、インフレによって保有資産の相対的価値が減少するリスクを回避できるということです。

インフレに強い代わりにデフレには弱い

現役世代から徴収した保険料での時点での受給者への年金を用意するため、インフレによる物価上昇があっても、同時に現役世代の給料も上がっているため、支払いにおいて現役世代の負荷が増えづらいという強みがあります。現在はデフレの状態ですが、公的年金は加入期間が長期に及ぶため、将来的にはインフレの影響も懸念されます。

そういった意味で、インフレに強い賦課方式には魅力があると言えるでしょう。ただし、インフレに強いということは、デフレに大しては効果的ではないという捉え方もできます。この点については下記記事をご参照ください。

kabosu0618.hatenablog.com

 

 

要は賦課方式そのものが悪いというわけではなく、これは一つの考え方なのですから、悪いところもいいところもあるのです

それは「この後に説明する積立方式も同様」です。場合によってはそれぞれ非常に効率的に、効果的に運用はできるはずなのですが、現行の日本においては賦課方式が決して効果的には働いていないというのが現状です。

まず個人としてできることは、それぞれの制度を理解して、日本のことを理解して、何が適していて、何が問題なのかを把握することです

下記で積立方式についてご紹介しますので、ぜひ賦課方式とも比較をして、考えてみてください。

 

 

2. 積立方式とは

賦課方式については大まかなイメージがついたでしょうか。次は賦課方式についてご紹介していきます。

個々人でお金を貯めることができる積立方式

上記のように、賦課方式には批判が少なくありません。そのため、改善策として多くの経済学者が提案しているのは積立方式です。積立方式は、あらかじめ積み立てた保険料とその運用収入で給付を行うものです。

これは普通の貯金と同じように若いとき積み立てた年金を年を取ってから取り崩すもので、賦課方式で運用される日本でも問題となっている世代間の不公平が起きづらい仕組みになっています

貯蓄のようなもの

要は貯蓄や投資のように、自分のお金は自分で貯めるというものだと考えてもらえばいいでしょう。自助努力の重要性が叫ばれるようになっている昨今では非常に魅力的にもうつる制度ですが、「積立方式に移れないのには大きく2つの理由があります。

 

1. 二重の負担/積立方式の失敗の歴史

まず最初にあがるのは二重負担の問題です。もし今年から賦課方式をやめて、積立方式に切り替えたとしましょう。その際に現役世代は、今の高齢者を支えるための保険料と、将来に役立てる自分のための保険料の積立を同時に払わなければならなくなってしまいます。このように払い口が2つになってしまうので、この問題は「二重負担」であると言われています。

2. 他国だとうまくいかなかった事例がある

2つめの理由は、積立方式が、実は多くの国で試みられた結果、あまりうまくいかなかったという事実です。ドイツや、他の多くの国で公的年金は積立方式で行われていましたが、第二次世界大戦後のインフレで、多くの企業が手痛い打撃を受けました。

リーマンショックでも大きな被害

また、「2008年のリーマン・ショック」においても、積み立てた年金の積立金が目減りするなど、社会的に大きな影響を与えています。このように今後インフレが起きないという保証はありませんので、積立方式に移行するというのは簡単にできる選択ではありません。

ちなみに、このようなこともあって、積立方式で年金を運用していたハンガリーは年金給付を積立方式から賦課方式へと移るということで話がまとまっているそうです。他にもポーランド等の国では、積立方式はやめないまでも規模を縮小し、その分賦課方式を拡充するような流れが来ているのが現実です。

 

 

3. 賦課と積立のハイブリッド(混合)方式について

以上のようなことを理由に、最近話題になるのがハイブリッド方式の仕組みです。これは、その名の通り、積立方式と賦課方式を合わせた運用を行います。正確には積立金を準備することで運営が行われるのですが、確かにこの積立金を用いることで、将来的に様々なリスクをヘッジ出来るというメリットもがあります。

リースター年金とは?

最近は欧州でもよく取り上げられるようになり、ドイツではリースター年金という制度が取り入れられています。このような限定的な積立方式の導入であれば、先に述べた「二重の負担」のような問題が生じることはありません。世代間の仕送りというメリットを残しつつ、少子高齢化に対応することもできるのです。

日本でも検討、研究が行われている

実際のところ、日本生命保険はこのリースター年金の日本版を提言していたり、その他の企業や銀行、大学でも研究が行われていたりはします。ただ、上述した積立方式と同様に、移行のためにはさまざまな制度改革が必要で、実現は容易ではないと言えるでしょう。

 

以上が公的年金の仕組みである賦課方式と、積立方式の概要です。このような状況において、私たちができることは、まず個人個人が将来を見据えて、自らのお金をきちんと管理をすることです。当サイトでは具体的に3つの方法を考えました。

 

 

4. 年金財政の危機に私たちができること

これまで述べてきたように、少子高齢化の進展や制度的な問題もあり、年金税制は非常に危機的な状況にあります。そうしたなか、私たち個人にできることは、実はシンプルであり、「収入を増やす」か「支出を減らす」、あるいは「その両方」になります

収入増、支出減のためにできることとして、具体的に3点をご提案します。

 4-1. 株式投資、外為投資・FXの学校合同体験会

 よく言われることですが、日本では学生時代に「お金」「投資」について学ぶことはほとんどありません。一方、アメリカでは小学生から投資の勉強をしますし、親も積極的にお金の扱い方を教えるそうです。

株を通して経済を深く学べるメリットもある

それゆえに、日本では株式投資へのさまざまな誤解が広がっています。確かに株を学んだだけで、将来への不安が完全になくなるわけではありませんが、現在の日本の経済状況を理解したり、自らの資産を増やす糸口を見つけられたりと、将来のお金を築く上できっと学びになることがあるはずです。

 

4-2. 個人年金保険の活用


個人年金にはいつ加入するのがお得か? - わかりやすい年金の学校

株式投資より「堅実に収入を増やす」という観点でオススメをするのが個人年金です。年金制度に興味のある方でしたら、一度は聞いたことがあるかもしれません。当ブログの上記記事で、メリットデメリットなど詳しくご紹介していますのでご覧ください。

また、現行の生命保険や医療保険、がん保険を見直すのは節約の面から非常に有効な手段です。

 

4-3. 無料の家計簿、資産管理ツール「マネーフォワード」

3点目は、支出を抑制する観点から、家計簿サービスをご紹介します。自分の資産を管理する上で、収支を把握することは必須と言っていいでしょう。その時に役立つのが家計簿です。

もしかしたら、以前につけようとしたけど、数ヶ月で挫折してしまったという方もいるでしょう。このマネーフォワードは挫折をしないように、ほぼ全自動で家計簿をつくることができます。もちろん、無料のWEBサービスですから、資産管理の第一歩としてぜひご利用ください。

 

 

 

下記は、年金の制度や仕組みについて、他にも参考になる記事です。賦課方式や積立方式とは違った視点で、年金について紹介していますので、きっとより理解が深まるのではないかと思います。関連のある記事としては、全額税方式に関する記事です。これは賦課方式等とはまた違った形での、年金財政に関する内容です。

ぜひご覧ください。

【関連リンク】