わかりやすい年金の学校

年金について、制度や、個人の活用法など、役立つ情報を発信していきます。

「わかりやすい年金の学校」の目的

お役に立ちましたら、シェアいただくと嬉しいです!

Students Learn About Weather BalloonsStudents Learn About Weather Balloons / Air Resources Laboratory

 

年金は難しい? 

「よくニュースで取り上げられているけど、年金ってイマイチわからない」「複雑だから、勉強するのも難しい」と思っている方は多くいらっしゃるとおもいます。確かに制度の仕組みは決して簡単なものではないですし、またニュースやテレビでは部分的な情報しか伝わらないため、難しく見えてしまっている側面もあります。

私自身もそうでした。関係があることはわかっていつつも、なかなか手を出せていませんでした。その理由が制度の複雑さであったわけですが、今思えば単純にめんどくさいだけであったと反省をしています。

 

問題の本当の姿を見極める

しかし、ちょっと自分で調べてみて、年金の制度の大まかなところというのは決して難しいものではなかったと思っています。もちろん、制度の細かいところは「?」となることもしばしばでしたが、どのような制度かというざっくりしたところは、わりとスムーズにわかりました。内容自体を理解するのに時間がかかるわけではなく、それよりも、年金についてわかりやすく説明をしてくれている情報にたどり着くまでに、ずいぶんと時間がかかってしまったような印象でした。

もちろん、WEB上においては有用な記事も山のようにあるのですが、テーマ別に深く掘り下げているような記事がほとんどで、初歩的なところから順序良く学べるサイトというのはほとんど見かけられませんでした。

 

わかりやすく情報を体系だてて伝えることを目指す

それであるならば、自分が勉強したことを出来る限りわかりやすく伝えることができれば、きっと多くの方にも喜んでもらえるのではないか、そんな思いからこのブログを始めることにしました。私も最初は全く年金について無理解でしたが、今は少しだけましになりました。そういう意味で同じようにまったくわからないという方にも、きっとわかりやすく伝えられるのではないかと思っています。

タイトルには年金の学校という名前をつけましたが、自分が先生というわけではなく、年金に興味がある方と一緒に、自分も生徒として勉強していけたらなと思いからこのように名付けました。また、年金について勉強をする中で、こういった社会保障の基礎的な知識について、中学校や高校でもっとくわしく教えてもらえていたら嬉しかったなとも思ったので、そのような思いも込めています。

現在、年金問題はますます深刻さをましています。財政の枯渇、現役世代の負担増加、高齢者の給付減、給付の遅れなど、問題はとどまるところを知りません。そして、悲観的な話ですが、少子高齢化が進む日本においては、これらの問題ですらまだ序の口であるといった状態です。これは自身への戒めとしても言いたいことですが、年金はもはや今すぐにでも学ぶべき問題になっていると言えるでしょう。日本に住んでいる以上、私には関係ない、そう言える人は1人もいないのではないかと思っています。そうしたときに、この「わかりやすい年金の学校」というブログが、年金問題を理解することに役立てば、それほど嬉しいことはありません。どうぞ、よろしくお願いします。

 

【追記】

体系だててと言いつつ、ブログという形式ですと必要な情報にすぐたどりつけなかったりと使い勝手の悪い部分もありました。下記、年金の基礎を学びたいと思っている方におすすめの記事です。早速ですが、ぜひご覧になってみてください。拙い内容だとは思いますが、自分と同じように年金ってなんだろうと右も左もわからないような状況の方に、少しでもお役に立てたら幸いです。どうぞ、よろしくお願いいたします。 

年金制度の重要性、社会的な意義について

はじめての個人型確定拠出年金の勉強 基本的なこと

ねんきん定期便の見方、読み方

年金に関連する社会問題の概要

年金について調べてみての感想と、これからの記事の内容